釣りのお話(少年の日の思い出)

こんな時間にフレンチトーストを焼いている その時間に書いています。優雅だろ?

水産学部に進んだし釣りしたいなぁと思っています。

釣りの経験は、小学生の時に父に連れられて数回行った程度です。

あの時は朝4時なんかに起きて、父の運転する車の中で、静かな街に感動したものです。あと朝焼けとか、港のネコとか。そういう非日常的な思い出が もまた印象深いのです。

全部海釣りで、ハゼとかキスとかを釣っていました。釣った魚を調理して食べるのは美味しいですね。

そういえば、小学3年生の自由研究は海について でした。干潮・満潮とか調べたものです。あたかも水産学部に入りそうな小学生ですね。

父は結構釣りが好きみたいで、仕事終わった翌日の早朝に起きて行ったりしてました。(その翌日も仕事の時も!)すげえよなぁ。

釣れなかった時は「マグロ釣って来たよー」とか言ってお刺身買って来てました。幼き頃の僕はそれもまた楽しみでした。

父は北海道に来たがってるので一緒に釣りできたらいいなぁと思います。

おしまい。

おしまい。