サンピアザ水族館に行きました②

今日は円山動物園に行きました。その記事は例の如くまた今度書きます。

ということでサンピアザ水族館の続きになります。

まずはフグちゃん。少し前に「水を吐くフグ」「不遇なフグ」って流行ってましたけど、それは彼(彼女)が可愛いからでしょうね。僕もまた魅力に気づいたところです。

f:id:shimizu_blog:20190511232353j:plain

優遇なフグ

f:id:shimizu_blog:20190511232656j:plain

 

続いてウツボさん。怖い。一緒に行った方は「地獄のよう」と形容していましたが、なかなか秀逸な表現かもしれませんね。こいつは恐ろしいぜ。

f:id:shimizu_blog:20190511233018j:plain

地獄

f:id:shimizu_blog:20190511233051j:plain

名古屋港水族館でも不気味な感じで展示されていました。ウツボは水族館においてそういう役割を担っているのでしょうか。可愛い目線の展示も見てみたいです。水族館巡りしてぇ-!

 

続いてはクラゲっちです。

f:id:shimizu_blog:20190511233354j:plain

若者にモテモテ くらげっち

 

f:id:shimizu_blog:20190511233558j:plain

 

最近クラゲを買うのが流行ってますね。確かに綺麗で見ていて癒やされます。我々と同じ哺乳類のわんわん・にゃんにゃんなどを可愛いと思う一方で、刺胞動物でさえ愛着を持って可愛がる人間ってすげぇな-とつくづく思います。

その調子で地球を愛で包んでいきたいですね包んでいきたいですよね。そうだろう?

 

ここから北海道エリアのお魚になります。

皆大好き。北海道と言えばのサケさん。

f:id:shimizu_blog:20190511234142j:plain

やたら上手に撮れた

f:id:shimizu_blog:20190511234244j:plain

僕は一年生のとき『サケ学入門』という授業をとっていたのでサケには少しだけ詳しいのです。他の魚と違いサケには「脂ヒレ」というものがあるのです。背ビレの後ろにあるヒレですね。今回の水族館で↑こいつがサケだと気づいたのも脂ヒレを見たからです。

サケは非常に重要な!水産資源なので授業でも出てきがちなのです。もっと詳しくなりたいところ!

 

続いて名前から強そうな オオカミウオ さん。北海道付近の海に棲息。

f:id:shimizu_blog:20190512000259j:plain

こええよ

f:id:shimizu_blog:20190512000715j:plain

いい食生活やな

 

続いては、かの「幻の魚」・・・

f:id:shimizu_blog:20190512001243j:plain

イ ト ウ

f:id:shimizu_blog:20190512001400j:plain

あんたでけえよ。

僕は釣りはしないものの、釣り人が遠くまでこいつを求める気持ちも分かります。この迫力は魅力的。

 

shimizu-blog.hatenablog.com
集中講義で訪れた朱鞠内湖では、「日本唯一人工湖でイトウ釣りが出来る!」ことを売にしていました。いいところやで。

 

写真多すぎて困っちゃうぜ。以下ダイジェストでお送りします。

メジナおじさん

f:id:shimizu_blog:20190512002107j:plain

顔がおじさんっぽいからSNOWで写したら一瞬顔認識した

f:id:shimizu_blog:20190512002243j:plain

 

続いて変わった名前のこの子。

f:id:shimizu_blog:20190512002403j:plain

かわ

f:id:shimizu_blog:20190512002455j:plain

かわいい。トビハゼとか、こういう水際をぴょんぴょんする生き物飼いたいです。

 

今回はここまで。水族館ネタでもう②記事くらい書く予定です。みんな大好き海獣も出てくるよ!

お楽しみに~