清水のブログ

「いち」大学生の日々

多細胞生物の誕生の映像を見て泣きそうに&進路のお話

早起き記録

今日も6時に起きられました。やや眠いものの、まあ好調です。(4日目)

多細胞生物の誕生の映像を見て泣きそうに

昨日の授業で、『多細胞生物の誕生』のビデオを観ました。NHKの。

こういう、古代の絵とか映像ってなぜかやたらとかっこよく作ってありません?アングルとかすごいです。古代の生物が生活している様は、あたかも『風の谷のナウシカ』の地底世界(でしたっけ)の生き物が生活しているのを観たときのような、恐怖感とわくわく感があります。

多細胞生物の誕生のストーリーですが、全球凍結を乗り越えた生物たちのうち光合成できるものたちが酸素を作り海に酸素が増え、コラーゲンというタンパク質が作られるようになり生物の大型化・多細胞化が起こったというものです。

その映像によると、我々ヒトを含む脊椎動物の祖先もそのときに誕生したそうです。

なんか、別に生物はヒトに進化するために生きてるわけではないし、そもそも進化に目的は無いんですが、古代にいた生物が全球凍結から逃れて生きようとしてたんだなぁ・・・それがあって我々は今ここにいるんだなぁ・・・。

なんて思って泣きそうになってしまいました。

 

って話でした。授業も面白いものです。

ああそう、最近水産学部としての決意というか覚悟的なものが芽生えた気がします。

なんというか、今まで小中高と、どこにでも分岐できるけどどこからも遠い道を歩いてきた感じなんですが、専門的な勉強や環境に身を置くようになって、可能性は狭まったかもしれないけど新しい世界が見える感じがするのです。

あーなんかうまく書けないですね!また今度まとまったら書きたいです。

おしまい。ノシ(←これ懐かしいねって話題に出たので使ってみました)