清水のブログ

「いち」大学生の日々

私の人生は思うほど簡単にはできていないから

なんかとってもクサイ題にしちゃいました。Galileo Galileiというバンドの『夏空』っていう曲に出てくる歌詞です。

さてさて

このブログはもともと友達に影響されて始めたのですが、始めてからいろんな人のブログを見るようになったんです。

見てみるとやはり何かしら専門性が高いものが多くて、このブログみたいに日常&考え事をグダグダ書くっていうのは無いんですね。

逆に(?)考えたのです。専門性はないからこそ、専門性を得ていく(何かを好きになったり得意になったり)過程を記録に残せるじゃないか!と。

もちろん自分が成長するのが前提ですが・・・。

当分ブログは続けるつもりなので、1,2年後に読み返して成長が見られるかあるいは何も変わっていないか楽しみです。

さてさて

昨日の記事で、ここ最近の無為な生活虚無感!を表したかったんですけど、眠気と戦いながらテンションの赴くままに書いてしまったので補足的なもの+いろいろ をグダグダと書こうと思います。

昨日の記事↓

 

shimizu-blog.hatenablog.com

毎日見るもの

僕の授業は基本的に3,4限だけなので、学校に着く頃にはお昼休みなのです。

毎日テニスコートの前を通ると、数人が集まってテニスをしています。僕は高校生の時硬式テニス部だったので、それを見ると当時のことを思い出します。

テニス部の頃のお話

良い思い出は全然ありません。上手い人らとそうでもない人らのグループに分かれていました。僕は下手でした。とはいえ(自分で言うのもどうかというところだけど)上手くなろうと、朝練なども参加して頑張っていたつもりでしたがなかなか・・・でした。

まあそれはいいんですけど、とにかく、仲間たちと切磋琢磨していわゆる青春!みたいなものはなかったのです。他の部活を羨望していました。(他は他でいろいろあるんだろうけど)

2年生の2月頃に、受験も近づいてきたし退部したのですが、もっと早く辞めておけばよかったと思います。時間の無駄とまではいかないけど、時間に対して得たものは確実に少なかったように思います。

打ち込むこと(テニスだけに ということは無い)

なぜ↑の話を書いたかというと、打ち込めるもののお話をしたかったのです。

テニス部は良い思い出ではないものの、一応「打ち込めるもの」でした。大会とかに向けて練習していたわけです。

時は流れて大学2年生の今!打ち込めるものなんもねーーーーーーーーーーわ

中高でなんで部活がほとんど義務みたいなもんだったのかっていうと、別に専門性を高めるためじゃなく、何かしらに打ち込むことで虚無感に包まれないようにするためなんじゃないかと個人的に思います。僕の場合はそれでもなお部活に多くの時間を費やしたことを後悔するのです・・・。

それなのに今! 時間を無駄に費やすことを嫌っていた自分は、毎日無為に過ごして時間を無駄にしている!

「このままじゃダメだ」VS「どうすりゃ良いかわかんねーからグダグダしよ」

というわけです。(この表現昨日使って上手くいったから味をしめました)

この構図は、空いた時間にもっとやるべきことややりたいことを分かっておきながらTwitterやらゲームやらに「少しだけ・・・」と手を出して延々やって時間を費やすのと似ていますね。ね。

葛藤っていうのは自分の中に対立があるから!起こるものだと思うので、↑の表現はなかなか的を射てるかもしれません。

何が言いたいかっていうと

打ち込むことが分からない&時間を無駄にして無為に生きているだけ。どうにかしたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

両親に授業料を払ってもらって大学に行っても授業聞いてないし、サークルにも参加するのかしないのか状態。参加しないならしないで家で有意義なことをしているのかと思えばそんなことはない。

受験生の頃に思い描いていた北海道ドリームは何一つ実現していない。

周りを見ると皆自分よりいろんな事が上手く出来て、自分より楽しそうに見えるよーーー

「大学は楽しいところ」って言ってた中高の先生!なぜそう思うの????教えてーーーーー

せやろがい

おわりに

特に記念の記事でも無いのに総集編みたいなのを書いてしまいました。

過去や環境のせいにしても前に進まないって事は知ってるけど、こんなブログだから大目に見ておくれ。

変な意味じゃ無く、他の大学生の皆の1日をのぞいてみたいものです。どうやって過ごしてるんだろう?

どうにか無為な生活から抜け出して数年後にダハハと笑いたいものですね。

おしまい