『世界のレシピ』2/196「ガンボ」なるもの

二品目、アメリカの「ガンボ」です。

この料理、実は大通のアメリカ料理屋で食べたことがあります。そこそこ有名なのではないでしょうか?

 

https://www.instagram.com/p/B0sAuUIgdXy/

🇺🇸(アメリカ)「ガンボ」なるもの。「鶏肉とオクラのとろとろスパイシー煮込み」とのこと。#世界のレシピ 2/196

材料

f:id:shimizu_blog:20190803133558j:plain

オクラ&4種のスパイス

こちらです。

オクラが一番のアクセントだと思います。実はスーパーでオクラを初めて買いました。実家でもあまり食べたことないです。

とある友達がオクラ大好きで、学食でいつも大量のオクラを食べていました。「好きな人は好き」ってタイプの食材なんでしょうか。

f:id:shimizu_blog:20190803133652j:plain

ねばねば

f:id:shimizu_blog:20190803133713j:plain

SPICY


例のごとくスパイス(オレガノ、カイエンペッパー、タイム、パプリカ)を入れるのですが、「タイム」の香りが強い印象です。ミントっぽいけどスパイシーな香りです(伝わらなさそう)。

今回は前回の反省を踏まえて、焦げないように小まめにかき混ぜました。

f:id:shimizu_blog:20190803133755j:plain

側にいるために椅子を置きさえする

焦げてしまった前回↓

shimizu-blog.hatenablog.com

 

トマトの酸味とスパイスのおかげで、暑い日に食べやすい味となっていました。

「オクラの味」というのは正直分かりませんでした。食感はあったけれど。オクラって和食でも醤油かけちゃうイメージです。

そして「トマト+鶏肉」というのは王道の組み合わせですね。食べやすく美味しい。

材料切って調味料で味付けして煮込むだけなのでオススメです。

ガンボアメリについて

このレシピ本によると、ガンボに使われているオクラはアフリカ原産、スパイスはインド・ヨーロッパ原産とのこと。

つまり、一皿に「新大陸発見~大航海時代」の歴史が詰まっていると言えるそうです。

そしてこの料理は、著者である本山尚義さんが「料理を通して世界を知って欲しい」と思ったきっかけだそうです。

なるほど。全く思惑通りに興味を持てました。

さて、アメリカは世界で最も多民族・多文化な国ですね。それゆえに対立が起こることもありますが、魅力的な国です。

あれですね。一言に「アメリカ」といっても様々な州があるのでうまく表現できません。(というか大抵の国はそうかなー)

札幌と知床が同じ「北海道だから」でくくれないのと同じですね。(?)

 

Delicious.