清水のブログ

「いち」大学生の日々

8/14 日本縦断5日目 東京〜長久手(帰省)

5日目です。 

 

泊めてもらった友達が部活に行くということで6時に起床。別れを告げ新宿への電車に乗ります。

車内にはスーツ(夏服)の人がたくさんいます。まだ通勤ラッシュには早い時間帯ですが、それでもぽちぽちいます。

そういう人を見てると何か申し訳なくなりますね。働かず楽しく旅をしている大学生たる自分。まあ、それぞれの選択だしその人たちも大学生の時はこんなことしてたかもしれないので明らかに気にすることではないのは分かっていますが、思ってしまうのです。

そして、「郊外に住んで街に出勤する」という雇用形態の仕事には就きたくないと常々思うのです。満員電車や都会の空気は僕にとって(皆そうか)大きなストレスになると思うのです。

さてさて、新宿に着きました。

新宿~

f:id:shimizu_blog:20190814084657j:image

ここから、横浜(観光)→鎌倉(観光)の後、江ノ島線に乗ります。

f:id:shimizu_blog:20190814184241j:imageハンコ。そういえば昨日の記事で写真撮るの忘れてました。

しかし、横浜に向かう電車で眠り、乗り過ごしてしまい、終点大船に着きます。

f:id:shimizu_blog:20190814085216j:imageどんより。

どれもこれも疲れのせいです。まったく。

この旅で始めて乗り過ごして動揺した僕は(実際はそんな致命的ではないとすぐ分かりました)とりあえず駅のカフェに入りました。

f:id:shimizu_blog:20190814112201j:image朝ごはん。

隣に座ったサラリーマンらしき男性がタブレットで本を読んでいました。出社前でしょうか。

部活やバイトギリギリまでするゲームや読書って集中できなくてモヤモヤします。そしてバイトや部活に対する憎しみが増すのです…。隣の男性もそういう気持ちだったりするのでしょうか。

さて、大船から横浜へ乗り過ごした分戻ります。 

横浜から「関内」駅へ…と思ったらまた乗り過ごしです。しかも青春18きっぷICカードの切り替えがややこしく、改札の受付へ行ったら、「混んでるからとりあえず行って!!」って言われてカチーンです。というかそれでいいのか。

プンプンしながら「伊勢佐木長者町」駅から歩いて中華街へ。

横浜中華街

f:id:shimizu_blog:20190814112821j:imagef:id:shimizu_blog:20190814112838j:image

関帝廟です。关帝庙。グアンディーミャオ。函館にも同じ人物も祀る関帝廟があるそうです。

f:id:shimizu_blog:20190814112952j:image

この雑多な感じがいいですね。台湾の夜市と同じような独特な匂いがしてそれもまた雰囲気あります。(いい匂いでは…ない。)

愛群

さて、せっかくだから何か食べようと思い、中華料理屋「愛群」に並びました。この旅は宇都宮といい、中華料理を食べに並んでばかりです。

やっと列が動いた!と思ったら

f:id:shimizu_blog:20190814113647j:image

僕の前で締め切られました。泣いた。

f:id:shimizu_blog:20190814113624j:image

と思ったら、にわか雨が降ってきました。いや小説の心情描写かて!!国語の問題かて!!

とか言いつつも並び続け、チャーハンにたどり着きました。

f:id:shimizu_blog:20190814133510j:image

美味しかった。僕は少し料理に凝っているので、(特にチャーハンは作りがち)どんな味付けなのかを吟味しながら食べてみました。そういう楽しみ方もありです。世界が広がります。

エビと鮭の切り身を焼いたの(ベーコンかも)の旨み成分が味を惹き立てていました。(キリッ)

さてさて、中華街を出て次は鎌倉に向かいます。

f:id:shimizu_blog:20190814144532j:image

石川町を出発し、大船で乗り換えて鎌倉へ到着です。(鎌倉の写真撮るの忘れてた)

友達に、「銭洗弁財天」という神社を教えてもらったのでそこに向かうことにしました。

f:id:shimizu_blog:20190814144708p:image

この道を歩いて行きます。山道なのでなかなか疲れます。

住宅街を抜け、到着です。

銭洗弁財天

f:id:shimizu_blog:20190814144748j:image

山道な感じといい、地元の山の上の神社と似ていてノスタルジーです。夜には帰ってるんだけど。

この写真の鳥居をくぐると洞窟のようになっていて素敵でした。涼しいし。

f:id:shimizu_blog:20190814144932j:image

連なる鳥居を抜けます。

この神社の名前にある「銭洗」というのはそのままの意味で「硬貨を洗う」ということだそうです。

f:id:shimizu_blog:20190814180539j:image

こういった意味があるそうです。僕も日本を巡り巡って汚れたであろう五円玉を清めました。

f:id:shimizu_blog:20190814180634j:image

f:id:shimizu_blog:20190814180701j:imagef:id:shimizu_blog:20190814180707j:image

硬貨を洗う場所はこんな感じでした。うまく言えないですが、「日本の風景」という感じです。ジブリ映画見たときみたいな、「通りゃんせ」を聞いた時のような、感動と畏怖が同時に訪れたような気持ちになります。よく分からなくても、DNAがそう言っているのです。

f:id:shimizu_blog:20190814180902j:image五円を大切に使います。

少し外に出ると、ひらけた場所に椅子と机があったのでお絵描きしてみました。

f:id:shimizu_blog:20190814181104j:imageつくづくアナログだなって思います。

さて、神社を後にして鎌倉へ戻ります。鎌倉からは「江ノ電」に乗ります。

江ノ電

f:id:shimizu_blog:20190814182446j:imagef:id:shimizu_blog:20190814182502j:imageこれはJRではないのですが、乗りたかったので乗りました。電車に乗ること(あるいは車窓からの景色)そのものが観光に使われているってすごいですよね。

江ノ電に乗ったら一度やってみたいと思っていたのがこれです。

プチ企画(興味ない人は飛ばしてください)

f:id:shimizu_blog:20190814181318p:imagef:id:shimizu_blog:20190814181324p:image

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの『サーフ ブンガク カマクラ』というアルバムがあります。これは江ノ電の駅名が曲名になっていて、なんでも走行時間とアルバムの演奏時間がほぼ同じということで検証したかったのです。

結果は、

由比ヶ浜カイト」から一曲ずつ曲が遅れて、「稲村ヶ崎」駅と「腰越」駅の停車時間が長くて曲の方が追い越し、(腰越クライベイビー)「江ノ島エスカー」の中盤くらいで江ノ島に到着。その後も一曲ずつずれて、「鵠沼」駅で「藤沢ルーザー」が終了。

 

となりました。文字だけで分かりにくくてすみません。

もし鎌倉発でアルバムを聴きながら江ノ電に乗りたいなら、「由比ヶ浜カイト」を一曲目にして最後の曲を「鎌倉グッドバイ」にするのが良いと思います。

由比ヶ浜駅出発から「由比ヶ浜カイト」をかけ始めれば、ほぼ曲と駅のタイミングが一致する上に、最後の曲でいい感じに切ない感じに締まります。

f:id:shimizu_blog:20190814182528j:image
f:id:shimizu_blog:20190814182641p:image少しずつずれています。

f:id:shimizu_blog:20190814182712p:imagef:id:shimizu_blog:20190814182728j:image

f:id:shimizu_blog:20190814182815j:image

鎌倉グッドバイ。

以上、趣味が出てしまいました。

本編に戻ります。

江ノ電の終点藤沢駅からJRに乗って熱海駅へ。

f:id:shimizu_blog:20190814183123j:image

この間1時間。寝てました。

熱海で乗り換え浜松へ。

f:id:shimizu_blog:20190814182755j:image

この間3時間。

本を読み、絵を描き、音楽を聴いていました。わあ!芸術的。

f:id:shimizu_blog:20190814194009j:imageたくさん持ってきていた本も、3冊読み終えました。

意外と3時間も終わってしまえばあっという間です。この旅もまたそうなのでしょう。終わったとき、自分はきっと変わっていることでしょう。1人でいろんな初めての経験をしたのですから!(読書も含む)

でも、変わったことを元に戻すのは驚くこと簡単なのは知っています。受験生の頃と大学一年生の頃を回顧すれば明らかです。だから帰ってからが勝負というわけです。頑張りどころっ

今回、静岡は移動だけで終わってしまいましたが、沼津の深海水族館とか伊豆の爬虫類動物園とか、行きたいところもたくさんあるのでまたいつか。です。

f:id:shimizu_blog:20190814194649j:image

浜松着。またねっ

浜松発、豊橋へ行きます。なんか、関東に入ってから電車内での面白いことがあんまないですね。自分が周りに目を向けてないからですが。あと慣れたのもあります。

f:id:shimizu_blog:20190814202829j:image

さて、豊橋へ到着です。

やっと!ようやく!!愛知県に入りました!!!!!!!!

やっぱりホーム感ありますね。(その実、豊橋に行った事はほとんどない)

豊橋から岡崎へ。サクサク行っちゃいます。(疲れてて車内のこと覚えてないのだ)

f:id:shimizu_blog:20190814210023j:image

岡崎。今や東海オンエアのイメージなのでしょうか。僕が北海道に来た一年半前はたぶん(既に有名ではあったけど)岡崎市とタイアップとかはあんましてなかったので帰ってきて時の流れを感じますね。

f:id:shimizu_blog:20190814210852j:image

ここも、「愛知環状鉄道」という私鉄に乗り換えるのですが、横浜の時みたいに雑には扱われず、優しいお姉さんが教えてくれました。愛知県…好き!!(一括りにしてはいけません)

f:id:shimizu_blog:20190814211220j:image

あと、0番線ってのがありました。かっこいい。

調べたら全国に35ヶ所という、そこそこ珍しいものと判りました。

岡崎駅から八草。

f:id:shimizu_blog:20190814220841j:image

こんなにニヤニヤしながら八草の駅名標を撮る人もいないでしょう というくらい嬉々としていました。

f:id:shimizu_blog:20190814221003j:image

リニモ」ですよ皆さん。リニアモーターカーです。現在長久手にしかありませんよ!!

f:id:shimizu_blog:20190814220947j:image

藤が丘方面。

f:id:shimizu_blog:20190814221223j:image

テンション上がって自撮り。

f:id:shimizu_blog:20190814221137j:image

乗り込む。

f:id:shimizu_blog:20190814221641j:image

なんでしょう。故郷の景色を車窓から眺めると切なくなりますね。

各駅停車して扉が開いたときに香る匂いさえ!

別に何かが大きく変わったわけでもないのですが…。少ない思い出を思い出すからでしょうーーー

地続きで来たゆえに、今まで住んでいた時と比べ、違う自分だよ!!って感じがします。

気持ちの面だけでなく荷物とか、読んだ本とか聴いた音楽とかも含めて という。

f:id:shimizu_blog:20190814222350j:image

長久手古戦場です。ただいまっ

 おわりに

旅もひと段落。ようやく故郷に帰ってきました。今日から16日まで地元で休む&計画を立て、17日から再び出発です。

ほんと我ながらよく頑張ったよ…。あんたはえらいよ。

それではまた明日。おやすみなさい