8/18 日本縦断9日目 南草津・京都

9日目です。

 朝(昼)

f:id:shimizu_blog:20190818172249j:plain

ナン。

目覚ましをかけずに寝たら12:00に起きてしまいました。

ということで(?)ご飯は昨日のインド・ネパール料理店で食べきれずに持って帰ってきたナンです。

バターとハチミツを塗って食べました。美味しい。

この時間からどうするよ。という話になり、僕の体調もまだ回復していないので今日の夜も泊まらせてもらい、京都観光をすることにしました。

京都へ
f:id:shimizu_blog:20190818172220j:image

道中の自販機(きっぷが10円だけ安い)で切符を買い、いざ京都へ向かいます。

 

f:id:shimizu_blog:20190818172317j:plain

京都。


到着です。

京都駅はなかなか近代的で綺麗なつくりでした。(写真を撮り損ねる失態)

33ものホームがあるらしく巨大な駅です。

京都駅には0番線があるが1番線はなく、0の次が2になっているそうです。理由は各々お調べください。電車の旅をしていると図らずも駅に少し詳しくなってしまいます。

f:id:shimizu_blog:20190818172336j:plain

おともだち。

京都駅からバスに乗り、「五条坂」駅で降車し、清水寺の方に歩いて登っていきます。街の作りが碁盤の目になっていて「○条」と数字で表されるのは札幌と同じです。

というか札幌が京都の真似なのですが。京都と札幌は南北が反転して作られているそうです。(京都は北へ、札幌は南へ拓けている という意味)

f:id:shimizu_blog:20190818172157j:image
f:id:shimizu_blog:20190818172146j:image

いい感じに奥行きもある街並みです。一点透視図法とかの絵の練習に使えそうな整った風景です。

鎌倉もそうでしたが、寺や神社に向かう時は必ず坂を登ることになります。

やはり、神様がいるところが人間の住むところから見下ろされる形になるのはおかしいという考え方からでしょうか。

あと、坂の左右にはお店があるのですが、一切の呼び込みがなく、観光地にしては静かでした。中華街とかはやかましかったので新鮮な体験です。あるいは「京都らしさ」かもしれません。

さてさて、清水寺に到着です。

清水寺
f:id:shimizu_blog:20190818172217j:image

やって来ました。

ここに来たかった理由は、僕の名字が清水だから。そんだけです。

ここに勝る清水スポット(?)はきっと日本には無いはずです。
f:id:shimizu_blog:20190818172236j:image

たくさんのお地蔵様もありました。数が多すぎてなかなか異様な雰囲気を醸し出していました。千と千尋の神隠しみたいに異世界に連れて行かれそうです。

続いて、「隋求道」(ずいぐどう)なる場所にやって来ました。

隋求道
f:id:shimizu_blog:20190818172120j:imagef:id:shimizu_blog:20190818184326j:image

「隋求道の胎内めぐり」というものをしました。真っ暗闇を進み、ぼんやりと光る梵字が刻まれた石に触れるというものです。

「外からは大隋求菩薩の姿は見えず、体内に入って出ることでもう一度生まれ変わる」というコンセプトらしいです。

入ってみると、完全なる闇でした。現代日本では夜でも何かしらの灯りがありますが、隋求道は目が慣れるための光でさえ無いほどの闇。

その中を数珠でできた手すりにつかまりながら進むのです。

手すりがないと全く進むべき道がわからず、不安に襲われました。

ようやく辿り着く光る石は確かに救いの光に見えました。

貴重な体験でした。清水寺に来た際は是非。

さてさて、門をくぐり内部に入ります。

清水の舞台

f:id:shimizu_blog:20190818172303j:plain

清水in清水の舞台

工事中のようで竹が組んでありました。看板に書いてある清水寺の建築様式に沿って作られているのが分かったので逆にタイミングがよかったかもしれませんね。
f:id:shimizu_blog:20190818172130j:image

有名な「清水の舞台」からの景色です。高さ約13mだそうです。高いところに立つと足がすくむ清水は清水の舞台から飛び降りられそうにありません。

外に出ると、「音羽の滝」に人がたくさん群がっていましたが目もくれず、「清水」と書いてある看板等はないかと探し回りました。

ようやくありました。
f:id:shimizu_blog:20190818172115j:image

清水in清水坂。

ほんとは、「清水寺」と書いた石碑だとかがよかったのですがありませんでした。

しかし僕はこの写真で十分満足です。LINEのトプ画にします。

自分は自分の名字が好きだなーってしみしみ感じます。(こんな風に活用するほどに!)

さて、目的も達成できたところで「八坂神社」に向かいます。

八坂神社
f:id:shimizu_blog:20190818172136j:image
f:id:shimizu_blog:20190818172200j:image

大きな神社です。何やらお祭りの準備か片付けを行なっているようでした。


f:id:shimizu_blog:20190818172213j:image

しっかりと参拝して来ました。

この5円玉。覚えていますか?

鎌倉の「銭洗弁天」を訪れた際に清めたものです。

shimizu-blog.hatenablog.com

 あれは伏線だったわけですね。

こんな風な繋がりを感じるのは縦断の旅ならではという感じです。陸路でゆっくり進んでいるということも含め。

でもこれ、神様を二股してることになってたりしませんかね。それが不安です。

神社を出て、帰路につきます。

主に暑さのせいでかなり疲れてしまったので、お家でしばし休憩の後、晩ご飯。

f:id:shimizu_blog:20190818210536j:image

餃子の王将に行きました。(餃子が来る前に写真を撮ってしまいました)

思えば帰省の際の昼ご飯もラーメンセット。中華街でチャーハン。宇都宮で餃子。

中華料理の旅となりつつある日本縦断です。きっとそれだけ中華料理が日本人にとって身近ということでしょう。ヨーロッパはあまりないのかな。

帰宅してからはゲームをしていました。

スマブラではなく初代スーパーマリオブラザーズ。ちなみにクリアできませんでした。昔のゲームむずかしい。

おわりに

ここ2日は休養の日々でした。連泊させてくれた友達には本当に感謝です。

明日から再びハードスケジュールな日々が始まります。明日の朝には回復しているといいのですが・・・。

f:id:shimizu_blog:20190818224320j:plain

手書き。

明日のスケジュールです。

姫路城と人生初のカプセルホテルが楽しみです。

それではまた明日。