清水のブログ

「いち」大学生の日々

アジカンの「引きこもりの曲」

こんにちは。

以前ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)の記事を書いたら結構伸びたので再び投下します。前回↓

www.shimizu-blog.com

最近また聴いてたら、「引きこもりの曲多くね?」と思ったのです。

「籠らないで外に出よう」系の。

あくまで「部屋に引きこもる」ってのは比喩で「狭い価値観に囚われず知見を広げよう」とかって意味かもしれないし、歌詞の解釈って一つに定められることでもないと思いますが。

今日はそんな曲を4曲ご紹介します。

 

桜草

桜草

桜草

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 アジカンの引きこもりの歌といえばこれ!って感じですよね。ですよね?

『ファンクラブ』というアルバムに入っている曲です。

このアルバム自体暗めの曲も多いのですが、この歌もまた。

とはいえ、暗い中にかすかに希望があるのが好きだったりします。

一日中毛布に包まって 世界から逃げる

傷つくことはなかったけど 心が腐ったよ

ストレートに引きこもってますね。このあとの「公園のブランコに跨がって 世界を揺らせば」っていう歌詞も好きです。

 

旅立つ君へ

旅立つ君へ

旅立つ君へ

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 2曲目はアルバム『ワールドワールドワールド』に入っている『旅立つ君へ』という曲です。

叩くキーボード 仮想世界の創造主になる

幻だって今気付いたって 遅いので 憂え

 

東の空が光る 傷は開いたまんまだ

それでも僕は行こう 何が待ち誰と出会うだろう

「キーボード」「仮想世界」みたいな、インターネットを表す歌詞は結構多いです。『センスレス』とか『N.G.S』とか。現代的ですね。

曲名の通り、引きこもっていた人の旅立ちを押す歌になっています。

僕が勇気を出して日本縦断に出た時みたいです。(宣伝)

www.shimizu-blog.com

 この曲の入っている『ワールドワールドワールド』というアルバムは他にも旅系(?)の曲が多くあり、聴いていると旅行気分になれてオススメです。

ワールド ワールド ワールド

ワールド ワールド ワールド

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥2100

 

 さよならロストジェネレイション

さよならロストジェネレイション

さよならロストジェネレイション

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

3曲目は アルバム『マジックディスク』に入っている『さよならロストジェネレイション』。

神様気取りで深く暗い沼の自分探しより

窓を開け その外側は 何処へだって続いている

「ロストジェネレイション」と曲名にあるように、「(誰かに決められて)閉塞感に満たされた場所から抜けだそう」いったメッセージのある曲です。

アジカンの曲はこの辺から政治色が強くなってきた気がします。それはそれで好きだけどね。

『マジックディスク』はその辺のバランスが良くて好きです。聞き流してたけど改めて歌詞を読んだら発見があったり面白いです。

マジックディスク

マジックディスク

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥2100

 

 夜のコール

夜のコール

夜のコール

  • ASIAN KUNG-FU GENERATION
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

最後は『フィードバックファイル2』に入っている『夜のコール』です。

言葉だけでは遠く それでもまだ歌を詠んで

凍えきった君を乗せて ベッドルームから一歩

別世界に連れ出したいから その先は君のもの

「コール」「凍る」「遠く」とか韻を踏むのが気持ち良い曲です。

「大きくは変えられないけど音楽を歌う」っていう考えは様々な曲で一貫されてますが、特にそれが表れていると思います。

おわりに

なにぶん全てのアルバムを聴いたわけではないので他にもあると思いますが、とりあえず4曲あげてみました。他にもあったら追記するので教えてください。

引きこもってるのは良いのか悪いのかって言うと、程度の問題ですね。

個人的には割と引きこもりがちな人間ですが、1日中暇なら1時間くらいは外に出た方が良いかなって感じです。(台風の時はダメですよ!)

「自意識にこだわってないでチャレンジしよう」という意味なら、ガンガンいきたいところですけどね。

 

f:id:shimizu_blog:20191021192111j:plain

おしまい