清水のブログ

「いち」大学生の日々

帰省にて 12/31

7時に起きました。

部屋の電気が点いていると思ったら、父が出勤の準備をしていました。

何となく顔を合わせたくなくて布団に潜っていました。

これから出勤するのってどういう気持ちなんでしょう。僕はバイトしかしたことはありませんが、憂鬱でした。

自分が父親だったら、出勤前に息子に会ったらどう思うのでしょう。

 

さて、昨日書いたようにカメラを携えて外出しました。

家から出たら霧が出ていて驚きました。

特に行く場所は決めていませんでしたが、はじめに祖父とよく散歩で訪れた小高い山の上の公園に行きました。

 

道中、田んぼやら椿の花やらカーブミラーやらを撮りました。

f:id:shimizu_blog:20191231223403j:plain

何を撮るかの正解などないのでしょうが、何を撮るか悩んでしまいます。とりあえず迷う時は撮ると決めました。

比較するわけではないですが、どうしても、いつもカメラを持っているサークルの先輩の事を考えます。

周りにそれくらいしかいないので当然ですね。

 

公園には僕の他に誰もおらず、雨上がりの湿った空気や鳥のさえずりが心地よかったです。

家の中以外で人と会わずに1人でいる事は久しぶりかもしれません。

こういう時間は尊く、生きてる感じがします。

自分は、人に構ってもらいたいくせに1人の時間も必要みたいです。誰でもそうなんでしょうか。f:id:shimizu_blog:20191231223622j:plain

 

山を降りるとお墓があります。

線香の香りがしたり風で木々がざわめいたりするのを意識的に感じてみました。

お墓に一匹のネコがいて、追いかけっこしていたのですが、一度見失ったらどこかへ消えていました。

お墓でネコと追いかけっこなんて、物語ならあの世に連れて行かれそうです。f:id:shimizu_blog:20191231223753j:plain

 

さて、疲れたので一旦帰宅しました。

 

母の作ってくれた朝ご飯を食べました。

目玉焼きならもう自分で作れますが、作ってもらいました。

 

実家では大してやることもないし小説でも読もうと思い、ブックオフに行きました。

実家からブックオフまでは徒歩20分くらいで、せっかくなのでとカメラを持っていきました。。

それはいいのですが街中で写真を撮るのは何となく恥ずかしく、結局帰り道の川沿いの景色しか撮りませんでした。

f:id:shimizu_blog:20191231223926j:plain

自分の住んでいた町を取るなんてとっても愛に溢れた!行為で恥ずかしいことじゃないんですけどね。

 

帰宅したら中3の担任の先生から手紙が届いていました。

内容は「2015年3月5日学級通信」と、当時書いた「未来への手紙」でした。

学級通信に「15歳ともなると様々なことがあります。」と書いてありました。

今になってこれを読むと「先生はどんな気持ちでこれを書いたのか?」「20歳までにも様々なことあったよなぁ。いやそうでもないか?」などと思いを巡らせます。

未来への手紙は恥ずかしくて読めていません。札幌に帰ってから読もうかな。最近こういう潔さや勇気が減った気がします。

 

昨日の餅つきの餅を切り分けました。

ついた餅はピザLサイズくらいあるので、小さく切り分けるのです。

疲れます。餅は固いですし、家族との会話に気を遣うし。↓参考

www.shimizu-blog.com

 実家のこういうところは息苦しいです。

 以前、「君が一番大人だから息苦しいんだよ」と言ってもらえたことがありました。時にはそうかもしれませんね。でも全員こうやって思っていそう。

 

しばらく部屋で買った小説を読みました。

 

晩御飯です。

我が家では毎年12/31はすき焼きを食べます。

小さい頃は食べ過ぎてよくお腹を痛めていましたが、今回は適切な量を食べました。

 

食後、母と就職の話をしました。

姉が就職し、今は週3日働いているけれど正社員になったら週5日働くとのこと。

「週5日が一般的だけど、お金と時間を天秤にかけて週3日で働ける選択肢もあればいいのに」と話しました。

実際問題、週5日働かないと幸せに生きていけないものなのでしょうか。そう思うものの、「もしも」のためにお金を貯めようと思うとそうなるんでしょうか。

そんな話をしました。

 

お風呂に入り、部屋で読書&ギターです。

ほんとに15分間隔くらいで交互にやっています。

スピッツの『冷たい頬』をUフレットを見て弾いています。

すごく好きな曲です。イントロのC→CM7がいいですよね。とか言っちゃって。

リビングでは父が「ガキ使」を見ているでしょう。あれの面白さがわからなくなったので部屋にいます。

我が家は父が見たい番組を見ててほかの人は何も言わないっていうのが10年くらい続いています。

これすっごい嫌なんですが、言う気はないので変わることもないでしょう。テレビへの興味が減った高校生ごろから自室にいます。

これが嫌で年末帰るかどうか迷ったのです。

帰省しても結局一人で過ごすんです。周りに人がいるだけ札幌の家よりは寂しくないですが。

 

さて、現在23:26です。

もうすぐ今年も終わりですね。

なんか締めの記事って感じでもなく今日1日をつらつらと書いただけになりました。

これから神社に行って年越ししてきます。

 

来年もよろしくお願いします。 

 

おしまい