清水のブログ

「いち」大学生の日々

高校の同窓会に行きました

前置き

書きたいことがたくさんあります。

本当は、会って話した人それぞれについて思い出なんか交えて書きたいです。

でも、プライバシーがあるのでやめておきます。

この記事は1/12の夜、高校の同窓会の翌日の夜に書いています。

本当は、同窓会から帰宅して新鮮な経験が記憶にならないうちに書きたかったのですが、疲れていて書けませんでした。

できるだけその時を思い出して書きます。

もしかしたら後々書き足すかもしれません。

それではどうぞ。

 受付 

高校の同窓会に行きました。

受付をして一人ぽつんとなってしまうのが嫌だったので、駅で友達と待ち合わせて行きました。

会場の入口には知ってる顔がたくさんでした。

同窓会といっても、たかが2年。たいした感慨もないと思っていたのですが、顔を見たら懐かしい気持ちでいっぱい。自然と笑顔になりました。

会場はクラブのような場所でした。なかなかけたたましかったです。

「ブログ読んでるよ」

 

「ブログ読んでるよ」と数人に言われました。ありがとう。

www.shimizu-blog.com

 前回の記事の最後に危惧していた通りです。恥ずかしかった。

恥ずかしいけど嬉しかったです。

「全部読んでる」って人もいました。「これもブログに書くんだろ?」って言ってたね。やっほー、見てる?

「文の書き方が好き」って言われたり、嬉しかったです。がんばって続けようと思いました。

いつもと違う場所へ行った時の文章は瑞々しくて我ながら良いなぁと思っちゃいます。だはは。

こうやって人に言われた何気ない言葉もついつい重く受け止めてしまうのは、良くも悪くも自分だなぁと感じます。今回はモチベーションになったので良しです。

「日本縦断どうだった?」とかも聞かれました。

自分で書いているくせに、僕のことが皆に筒抜けなのは少し恥ずかしいですね。

また旅の記録とか書きたいです。今年の目標の一つは「いろんなとこへ行く(試行を増やす)」なので。お楽しみに。

この場を借りて改めてお礼しておきます。いつも読んでくれてありがとう;;

「料理アカウント見てるよ」

上と重なりますが、こうも言われました。

僕のInstagramの「清水が料理を上げるアカウント」を見てる。と数人に言われました。

これまた嬉しいことです。

最近更新をさぼってるのでがんばります。

インスタライブなんかもやれたらやります。

そんだけ。身内ですみません。

人格形成

 

大げさな見出しになってしまいました。説明します。

同窓会に出てみて高校生の頃を思い返すと、高校3年間は人生において特に今の自分の性格やら考え方やらに大きく影響していると改めて思いました。

それだけ密度の濃い日々だったということでしょう。

同窓会で話す人は、つまり当時話していた人です。

久しぶりに会ってもう一度話したくなるのは、当時に良い思い出があるからです。(もちろん、いざこざがあったからこそ話したい場合もあるだろうけど)

年を重ねても一緒にいてくれるのは、一緒にいたい理由があるからでしょう。

一緒にいてくれる人だけが周りに残るのでしょう。

それならば、嫌な思い出は時間とともに消え、嬉しいことだけが残るのかもしれません。

そうだとしても、「そういえばこういう人もいたなあ」と思えただけでも、同窓会に行って良かった気がします。

久々の友達に僕が変なノリを仕掛けたら「懐かしいなこの感じ」と言われました。大げさかもしれませんが、こういうやりとり一つ一つの集まりで自分は創られているのだろう、と感じました。

前回の記事でも書きましたが、思い出の蓋を開けるのは嫌だけどそう悪くないし、必要なのかもしれません。

エレキギター

軽音部の友達と話せたので、「エレキギター買おうと思ってる」と話しました。

みんな「いいじゃん!」と言ってくれました。

なんとなく、(音楽ナメとんちゃうか)と思われたらどうしよう。と思っていたのですが、杞憂でした。

ギターについて質問したらしっかり答えてくれて、頼りがいがありました。

「知らなかった一面」というのはいつまでも発見されるものですね。だから人と話すのは楽しいです。人は苦手だけど。

買ったら記事にします。お楽しみに。

二次会

 同窓会で感じた諸々は下に「まとめ」として書くので、先に二次会についてです。

同窓会は17:00から20:00まででした。

その後、友達の働いているSTUDENT BARで3年生のクラスの二次会を行いました。

だいたいクラスの半分くらいが集まりました。

さぞ楽しかろう。と言ったところですが、僕は一次会でぐったりしていました。(お酒に弱いのかな?あるあるです)

ほとんどみんなの会話を聞いているだけでしたが、そうしていたら当時のクラスの雰囲気が蘇ってきました。

当時と重なって、みんな変わらないように見えました。

でも本当は変わっているんでしょうね。また会う時が楽しみです。

まとめ

同窓会という象徴的なイベントなので書きたいことが溢れて、でもまとまらなくて困っちゃいます。

自分は、固定観念なんて興味ないよ。みたいな態度を取っておいて、結局イベントに自分にとっての意味を持たせて象徴的にしてしまう癖があるようです。そしてそれを後々何度も振り返ったり。だはは。

まとめると、楽しかったし、行って良かったです。

話したい人はいるけど、人数多いし話せず終わったら嫌だなぁと思っていましたが、ちゃんと話せたので良かったです。

欲を言えば、会場はうるさくなく、会費は安く、時間は短く(話したい人が少ないからすぐ終わってしまった)が理想ですが。主催でないのにこんなこと言っちゃだめよ。

おそらくこれで最後に会う人もいるのでしょう。

逆に、生きていたら思わぬ場所で再開して、またいろいろと思い出す人もいるのでしょう。

会いたい人にはちゃんと連絡取りたいです。まったく別のシチュエーションで会ったら、知らない一面が見られるかもしれません。

 

前述しましたが、高校の日々は濃く、苦かったり儚かったりでした。

同窓会に行ってその時を思い出しました。

卒業してからの2年間で一人で頑張ろうとしたものの、なんだかんだ高校生の頃に形成されたものって大きいということも思い知らされました。良くも悪くも。

 

形成されたものを大切にしつつも進んでいきたいです。

そんな感じでまとめとします。

さて、明日は中学の成人式です。正直、高校のでお腹いっぱいで実感が沸きませんが、行って参ります。

それではまた明日。おやすみなさい。