清水のブログ

「いち」大学生の日々

jealousy(嫉妬)とenvy(羨望)

以前、調べ物(後述)をしていたら、jealousy(嫉妬)envy(羨望)の違いについて書かれているのを見つけ、なるほどと思ったので紹介します。

jealousy(嫉妬)

jealousy(嫉妬)は、三者関係での話で、

「自分の愛するAさんがBさんに心を寄せるのを恐れ、Bさんを憎む感情」だそう。

envy(羨望)

envy(羨望)は、二者関係の話で、

「Aさんが、自分の持たない何かを持っていることに対する怒り・憎しみの感情」だそう。

違い

それぞれにはいくつか違いがあります。

まず、二者か三者かの違い。

次に、破壊を伴うかどうか。

jealousy(嫉妬)は、憎しみではあるものの、Aさんへの愛情があり、そこに「破壊したい」気持ちはありません。

対してenvy(羨望)は、Aさんへの怒り・憎しみ、延いては「Aさんの持つものを破壊したい」気持ちが存在します。

自分語り

なるほどですね。

こういう「微妙なニュアンスの違い」の言葉って、よく調べると明確な定義があって面白いです。

これでいうと、僕はよくjealousy(嫉妬)の方を感じますね。破壊したい気持ちはないんですよ。むしろ、やたらに褒めるくらい。それも「愛情」と考えるなら、jealousy(嫉妬)の特徴といえますね。

調べ物

はじめに書いた「調べ物」とは、「自己愛性パーソナリティ障害」ってやつです。

以前、この言葉を目にして、特徴が自分にも当てはまりそうと思ってWikipediaやら見ていたら、かなり当てはまって驚きました。

ja.wikipedia.org

jealousy(嫉妬)とenvy(羨望)の違いの話もここに書いてありました。

まあ、診断書を貰ったわけでもないし、「自分はこの障害なんだ!」と言いたいわけではなく、調べたよ。ってだけです。

個人的には、「パーソナリティ障害」って「常人の範疇に収まらない極端な個性」という認識です。それに名前がついているだけ。

「無能な自己と過度に万能な自己が振動して、等身大の自分がない」とか、わかる~って思いましたね。

等身大の自分、、、

「自分、すごいやん!」が行き過ぎると「過大な万能感」になってしまうのでしょうか。

「自分、それでもええんやで。」と認めることが「等身大の自分」なのでしょうか。

そう考えると、「自分を褒める=自分を大切にする」とも限らない気がしてきました。

 

おしまい