清水のブログ

「いち」大学生の日々

アトピーの話

僕は小さい頃からアトピーを持っています。

アトピーを持つ人は、体の痒い部分を掻いたとき、痛みが現れるのが遅いため、ボロボロになるまで掻いてしまうそうです。

僕もそんな感じです。

皮膚科に行って薬を処方してもらえばなんてことないのですが、薬が数日切れると全身が痒くなってつらいです。

実は現在薬が切れてしまっています。

季節の変わり目ということもあり、皮膚が荒れています。

しかも、引っ越したので、いつも通っていた皮膚科がありません。

探しに行かねば。

痒みのせいで何事にも集中できないので、一刻も早く見つけたいです。

《追記》

肌が痛くて、布団に入っても眠れそうにないので、開院時刻まで起きることにしました。

行く皮膚科を調べたのですが、なかなか難しいですね。

病院は食料品店などより選択肢が多いし、お医者さんもそれぞれなので選ぶのを迷います。

付き合いも最低2年間は続くと思うので、多少遠くても対応の良いところがいいです。

ネットで評価を見たりしますが、やはり迷います。

 

僕のアトピーは、「持病」というほど重いものではありませんが、地味に辛いものがあります。

札幌で通っていた病院の院長は「大人になるにつれて治る」と言ってくれました。

早く治るといいなぁ。薬の残りを気にせずに長期旅行とか行きたいものです。

みんな、表面には出さなくてもこういった辛い症状を抱えて生きているものかもしれませんね。

おしまい