WordPressのお勉強① インストール

 WordPressをインストールしました。

www.shimizu-blog.com

 最近、HTMLの勉強やら何やらしていましたが、流れとしては

 

Webライターについて調べる

Lancersのようなクラウドソーシングサービスを見つける

依頼の条件に「WordPressが使える」が多くある

WordPressを学ぼう

そういえば、読んでいるブログで「HTMLの勉強」ができるサイトが紹介されていた。HTMLを学んだらサイト制作に役立ちそう。

HTMLを一通り学んで、サイトを作ってアップするまでできた!

じゃあ、当初の目的通りWordPressもやってみよう!

 

という流れです。

長くなってしまいましたが、はじめの動機を忘れると混乱してしまいそうなので書きました。書くことで達成感もありますし。

 

というわけで、WordPressをインストールしました。

HTMLでサイトを作って上げるときに「XFREE」というレンタルサーバーを利用しました。

XFREEではWordPress用のサーバー(?)も貸しているようなので、それを使ってインストールしました。

これは「WordPress インストール」で検索して出てくる方法と異なるので、あとあと不測の事態が生じないか不安ですが、とりあえずインストールには成功しました。
 

WordPressは、ボタンを押していけばそれなりのサイトが作れるようになっているようです。

たとえば、ヘッダー(ページ上部に表示されるもの)を作るのに、HTMLは

<header>
<h1 class="headline">
<a>清水のブログ</a>
</h1>

などと打ち込む必要がありますが、WordPressでは「ヘッダーの文字の大きさ」という欄に数字を入力すればよい、みたいな感じ。

去年、サークルのサイト管理(ってほどじゃないけど)で使っていたツールと同じような使い方っぽいです。

 

「したっけ、HTMLの勉強をした意味とは?」という思いが脳裏をよぎりましたが、基礎を知っておく、という点で意味はあったのでしょう。

あるいは、自分でHTMLを記述した方がいい場面もあるかもしれませんし。

 

どんなサイトを作るかはまだ決めかねていますが、とりあえず、ブログ制作の王道と呼ばれている「Cocoon」というテーマをインストールしました。

f:id:shimizu_blog:20200405220309j:plain

わかりやすさ。

WordPressには「テーマ」なるものがあり、それによってサイトを作る方針も変わってきそうです。自由度が高いですね。(はてなブログにもあるけど)

 

インストールして、ちょっと動かして今日は終わりにしました。

どんなサイトにするかは、プログラムの技術ではなく、クリエイティブなセンスが試されますね。うーん。

 

まとめ

XFREEからWordPressをインストール

どんなサイトにするかなー