清水のブログ

「いち」大学生の日々

話を聞かない

話を聞かない人が苦手です。

「話を聞かない人」というのは、ここでは、話が一方通行な人を指しています。

こっちから話したはずが、同調や意見なく相手の話が始まっているような。

「話の内容を思い返せるから話を聞いてる」と本人は感じるかもしれませんが、話した側からすれば、同調や意見がなければ「聞いてない」と感じます。

 

高校生の頃、部室でいつもおしゃべりしている二人がいました。

それを盗み聞きすると、どうも話が一方通行に聞こえました。

 

A「最近読んだ漫画面白かった」

B「『ワンピース』最近熱いわ」

A「『僕だけがいない街』って漫画なんだけどさぁ」

みたいな。

たぶん、

A「最近読んだ漫画面白かった」

B「(最近。漫画。・・・『ワンピース』読んだなぁ)『ワンピース』最近熱いわ」

A(面白かった漫画は)『僕だけがいない街』って漫画なんだけどさぁ」

2人の脳内ではこんなことが起こっているのだと思います。

 

2人を見ていて、話してて楽しいのかな?と思っていました。

お互いに言いたいことをぶつけて、決して相手の話に同調しない。

でも2人は仲良さそうに一緒にいました。

 

僕は、考えたことを話したいタイプですが、「相手に迷惑じゃないかな」という気持ちが勝ってしまうので、迷惑そうじゃない人にしか話せません。(主観なので実際は迷惑だったかもしれません)なので打ち解けないと無口です・・・。

ですが逆に、こっちの話を聞かずに話してくる人の話をニコニコと聞けるタイプでもありません。

 

僕「最近読んだ漫画面白かった」

相手「(最近。漫画。・・・『ワンピース』読んだなぁ)『ワンピース』最近熱いわ」

と返されたら、(僕の話は君にワンピースの話を思い出させるヒントじゃないんだけどなぁ・・・)と感じます。

 

 

この記事はただの愚痴のつもりで書き始めたのですが、話を聞かず話が止まらない人もそれはそれで困っているのでは、と思い調べたらやっぱりそうでした。

「つい話してしまう」ものらしいです。

そういえば、大学1年生の頃にそんな友達がいました。

仲良くなってきて、話が長いときは「ストップ!!」と言えるようになって、接しやすくなった覚えがあります。

 

話が一方通行な人に、僕は(話聞いてよ・・・)と思いますが、相手は(つい話しちゃう・・・)と困っているかもしれません。

「聞こうとしてる自分と勝手な相手」という構図を作らずに、言いたいことをちゃんと伝え、仲良くなれたらいいですね。(立場上難しい場合がほとんどだけど)