清水のブログ

「いち」大学生の日々

いやあ、芸人さんってかっこいいなぁって思うんですよね

 最近、Youtubeでジャルジャルや霜降り明星のチャンネルをよく見ます。

また、ピースの又吉さんの『火花』『人間』や、オードリーの若林さんの『社会人大学人見知り学部卒業見込み』を読みました。

その影響があって、芸人さんってかっこいいなぁって感じるようになりました。

「どうやったらお客さんを笑わせられるか」って事に向き合って試行錯誤する姿が素敵に思います。

霜降り明星のチャンネルは、ラジオのような感じで、視聴者からの質問に答えることがあり、その回答を見てると、いろんなことを吸収した末に、このスタイルでお仕事してるんだろうなぁ、と思わされます。

『人間』に登場する芸人(又吉さんがモデル?)が「芸人はコントでいろんな役をこなしてるんやから、小説書くのは当然やん。」みたいなことを言っていました。

そういう、「幅広さ」のようなものも素敵に思います。

人を笑わせるなら自分が物事を知り、かつそれを分析する必要があるのでしょう。(少なくとも僕はそう思います。)

すべての芸人さんがそうかは分かりませんが、一般に我々が見る姿の背後には、その人独自の哲学や、見知ってきた事があって、それを背負って人前に出て、「人を笑わせる仕事をする」っていう姿勢がかっこいいです。

うまく説明できずにまとまりのない文章になってしまいましたが、かっこいいなぁと思っているというのが要旨です。

そういえば保育園児や小学生の頃は、将来は芸人さんになりたいって考えたこともありました。それが今はYoutuberに代わってるのかな。

今はなりたいとは思いませんが、その姿勢はリスペクトしたいです。