清水のブログ

「いち」大学生の日々

6/8の日記 電話したり本を読んだり

一昨日と昨日の記事を比べてみたら、あからさまに昨日の記事は手抜きで笑いました。

実際、昨日は非常に心身が怠く「ノルマだし書くか・・・」という思いで書きました。

自分は割と気分に影響されやすいタイプだと思っていますが、それにしても気分が形に表されすぎてて面白かったです。こういうことするから、また後悔するんでしょうねー

 (一昨日の記事)

www.shimizu-blog.com

(昨日の記事)

www.shimizu-blog.com

 

さて、今日は9時30分に起き、朝ご飯は食べずにロシア史の動画を見終えました。

www.shimizu-blog.com

全48回で約1100年の歴史を追っていったわけです。最終回はなかなか感慨深いものがありました。

ただ、振り返ってみるとあまり細かくは覚えていないんですよねー

高校生の頃にセンター試験直前に世界史を詰め込んだときは、受験後すぐに忘れました。

それと同じで、ざっと動画を見ただけなので、主要な皇帝の名前くらいしか覚えていません。

学ぶってのはなかなか難しいものです。

 

札幌の友達と電話しました。

その友達はサイクリングサークルに所属しています。

僕が自転車を買うのに相談に乗ってもらいました。

久しぶりに話せて楽しかったです。

「Twitterに流れるブログの見出しだけ見てるけど、プログラミングとか頑張ってるね」とか言ってくれて嬉しかったです。

こういうとき、人間って時々ちょっと褒められるだけでいつまでも頑張れるんじゃないか?って思います。

他にも彼の最近の生活のことなどを話しました。

札幌に行くときは会いたいです。

 

村上龍さんの『コインロッカー・ベイビーズ』を読み終えました。

f:id:shimizu_blog:20200608222702j:image

 ほんの十数分前に読み終えましたが、未だに興奮冷めやらぬ です。

同じく村上龍さんの『限りなく透明に近いブルー』を以前読んだのですが、どちらも、なんというか、圧倒的なパワーを感じます。

狂った世界と、狂った主人公たちで、「小説を読んで何か得るものがある」というか、とにかく熱量を感じました。きっと得るものは後からついてくるのでしょう。

あと、1970年代の日本ってこんなに治安悪いの?と思いました。両親に聞いてみようかなぁ

 

せっかく友達に褒められたので、これからProgateを少し進めて寝ることにします。

おやすみなさい。