清水のブログ

「いち」大学生の日々

6/9の日記 自転車/ナナメの夕暮れ

自転車を買いました。

www.shimizu-blog.com

 昨日、友達に自転車のことについてあれこれ質問しました。

結局、お金がないのでホームセンターで20000円弱のクロスバイクを買いました。

f:id:shimizu_blog:20200609143821j:plain

緑色を選びがちです

ママチャリかクロスバイクか迷っていました。

何百キロもサイクリングをするつもりはないですが、家から少し離れた場所くらいなら自転車で行きたいと思ったので、安めのクロスバイクにしました。

ホームセンターの安いクロスバイクは「ルッククロス(クロスバイクのような物)」と揶揄されているらしいですが、気に入ったからいいのです。

ホームセンターからは早速この自転車に乗って帰りました。

札幌で雪が降る前に乗ったのが最後なので、約半年ぶりです。

坂道になっている陸橋を上って下ったら、速さに驚きました。爽快さとスリルを感じました。

これから夏も始まることですし、自転車に乗ってたくさんお出かけしたいです!

 

オードリーの若林さんの『ナナメの夕暮れ』を読み終えました。

f:id:shimizu_blog:20200609161628j:image

内容は、 雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していたコラムをまとめたもの+書き下ろしです。

とても面白かったです。

同じく若林さんの『社会人大学人見知り学部卒業見込み』を読んだときも感じたのですが、「一般に流布されてること」とは少し違う意見をユーモアを交えて表現するのが上手で、さすが芸人さん、すごいと思いました。

比べるのはおこがましいですが、僕がブログに書く文章ではそれができていないと感じるので、尊敬します。

タイトル「ナナメの夕暮れ」は、「斜に構える時代の終焉」という意味があるそうで、「10代、20代の頃は冷笑的に世の中を見ていたが、いろいろ変わってきたし、それでいい」といったことが書かれていました。

僕もまた、「飲み会は楽しめないし、皆は何が面白くてそんな笑ってるんだろう?」と思っちゃうタイプなので、読んでいて共感することが多くありました。

あとがきに「自己啓発本とかビジネスの成功書とか、生きるのが上手なやつに上から目線で言われてクソ」みたいなことが書いてあって、それも共感でした。

この本は自己啓発の類いではないですが、若林さんの頭の中にあったことや、エピソードを読んでいると不思議と勇気やモチベーションが生じました。

モンゴルやキューバを訪れた話を読んで、自分も行きたいと思ったり(せっかく世界史も勉強しましたし)、スタバで「グランデ」と言えるようになったという話を読んで、勇気を出して美容院行くか~とか思いました。

短いお話が集まっていて読みやすいので、また読み返すと思います。