清水のブログ

「いち」大学生の日々

6/12の日記 美容室(行った編)など

寺山修司の『書を捨てよ、町へ出よう』を読みました。

f:id:shimizu_blog:20200612214341j:image

『四畳半神話体系』にちらっと出てきたのがきっかけで読み始めました。

あと、寺山修司という名前は知っていたもののどんな人物かは知らなかったので、知りたくて読みました。

結局読んだところでどんな人物かは分かりませんでした。サブカルの先駆者的な人?というなんとも曖昧で無責任な印象です・・・。

1975年に刊行された本で、当時の日本や世界の雰囲気が伝わりました。(安保闘争とか、ヒッピー文化とか)

ユーモアを交えて、「一点豪華主義」とか「自殺入門」とかが書かれていて、この論はいったい真面目なのか不真面目なのか分かりませんでしたが、そこが多くの人を引きつける魅力なのかもしれません。

 

『ゴールデンカムイ』を5巻まで読みました。

f:id:shimizu_blog:20200612215435p:plain

プログラミングや授業の合間に「1巻だけ・・・」と読んでいたら夢中になってしまい、5巻まで読んでしまいました。

「チタタプ」は難しそうなので、とりあえず肉団子と根菜の鍋を食べたくなりました。

1年生の頃に、アイヌの研究を専門とする先生の授業を受けていました。僕のアイヌに関する知識はそことゴールデンカムイで知ったものが全てです。

 

僕の通う北海道大学は「研究」の名目でアイヌの骨を保存していたりで、いろいろと根深い問題があります。

これに関して『北海道大学もうひとつのキャンパスマップ』という本があります。

 読むとなかなか辛いものがあります。今歩いてるこのキャンパスもアイヌコタンを潰したところなんだなぁ・・・と思ってしばらく歩くのが嫌になりました。

2019年に「アイヌ新法」(アイヌの人々の誇りが尊重される社会を実現するための施策の推進に関する法律案)が成立しました。

2020年には「民族共生象徴空間ウポポイ」という施設が北海道に建てられました。(コロナウィルスの影響で開業はまだのようですが)

以前Twitterで「ウポポイ開業延長」というニュースのリプ欄を見てたら「アイヌ差別って過去のことでしょw」とかいうリプばかりでうんざりしました。今も差別はあります。

施設を建てるのに政治的思惑が皆無とは考えにくいですが、それはともかく、日本では先住民についてあまり知られていないんだなぁと感じました。「アイヌは先住民である」という文言が明記された法律が2019年に成立ってとこからもそれを感じます。

授業で習うまでは知らなかったくせに、偉そうに書いてしまってすみません。

ゴールデンカムイを読んで「アイヌの文化素敵・・・」と思ったので、ウポポイが開業したら訪れたいです。

 

美容室に行きました。

www.shimizu-blog.com

 やはり「自分で切りました?笑」と言われてしまい恥ずかしかったです!

「自分で切って失敗しちゃって、それを整えてもらって、いかつくならない感じで短くしてほしいです」と言いました。

美容師さん曰く、「自分で切りました」って人でうまくできてる人を見たことはないそうです。

僕の頭の状況はだいぶめちゃめちゃらしく、頭を悩ませていましたが、なんとか切ってもらいました。

「ジェルをつけたらなんとかなるけど、やはり伸びるまでは変な感じ」になりました。

自分で切った結果が3ヶ月くらい尾を引きそうです・・・。

ジェルを使って自分でセットしようとは思うのですが、あまり経験がないので羞恥心がすごいです。

だってさ、髪が光ってるって恥ずかしくない?でもセットしない方が無様な感じだし、そもそも自意識過剰なんだよなぁぁぁ!!!

苦手に思っていた美容師さんとの会話は意外となんとかなりました。

あまり人と話していないので楽しかったです。いい人でした。

 

今日はできるだけだらだらしないように努めました。

うまくいったとは思うのですが、神経をすり減らしたのかずいぶん疲れました。

これから晩ご飯食べて寝ます。おやすみなさい。